本文へスキップ

分かち合う文化 100年計画

稽古会

HOMEからだとことばを育む会

受講のご案内受講申込フォーム講習会/稽古会/着物塾対話カフェ i-think カレンダー・日程表からだノート高柳無々々.com

整体を深め、表現を楽しむ実践篇

【稽古会】参加者の書
 before
「子曰く、力足らざる者は中道にして廃(はい)す。今女(なんじ)は画(かぎ)れり」(『論語』)
 after

稽古のご案内

日程 毎月第2・第4火曜&土曜、前期3−7月・後期9−1月(2月と8月は休会) 
 ※火曜と土曜は同じ内容です(どちらにも参加可)。変更もありますので、カレンダー・日程表でご確認下さい。
時間 10:00-12:30
会場 楽天堂
講師 
高柳無々々
会費 
無料
申込 
稽古日の前々日までに、受講申込フォームでお申し込み下さい。なお、初回は 見学・体験の扱いになります。
内容 
(1)内観技法の基本(心眼・呼吸・元気)を深めながら、手間(いのちにふれる手)を追究します。
(2)からだの内に現れる“いのちのもえ”を、うたい・おどり・かたり・えがいて楽しみます。
 
稽古風景 
仮面を付けて踊る

稽古風景
目を閉じて絵を描く

稽古風景
目を閉じて墨書する

稽古風景
合気上げ/木刀を振る

*はらで母音を発声する/歌う/楽器を奏でる
*包丁で野菜を切る
*お茶を点てる/和歌(連句)を詠む
*竹内レッスン(言葉の投げかけ/砂浜の出会い)etc.

稽古会は登録制です。継続して稽古を希望される場合は、事前に【講習会】を受講して下さい。講習会の修了後は、いつでも稽古会に参加できます。

・動きやすい服装+できれば足袋or 5本指ソックスでお越し下さい(更衣室あり)。 また必要でしたら、汗拭きタオルや水・お茶をご持参下さい。
駐車場はありませんので、近くのコインパーキングをご利用下さい。自転車は、楽天堂の前に停められます。
・遠方からの参加者は、ゲストハウス 楽天堂 ANNEXにお泊まりいただけます。


世間体(せけんてい)、国体、主体、客体、共同体・・・
 
 なぜこれらの言葉には、「体」という文字が使われているのだろうか? 例えば、英語の community を共同「体」と訳す必要は全くなかったのに。

 それは、日本文化を生きた(生きている)人々が、“個としての体”と“和としての体”を――意識するしないとにかかわらず――一人二体持っていた(いる)からではないか。いわば、個体であって和体である日本人である。

 では、個体とは何か? 肉体とおきかえてもよいかもしれない。皮膚でさえぎられた(分けられた)常識的な体である。肉体は知覚(五感)を持つ。

 一方、和体とは、ひらがなの「からだ」で表される体、いわば肉体という“から”(殻・空)の中にある(と思われてきた)もの、別の言葉でいえば気である。からだには、第六感=“勘”覚がそなわっている。

 古来、日本という共同体に生きる(構成する)人々は、この“わ”という勘覚を一つのおおきな身体のように共有してきたのではないか。はじめに勘覚ありき。それがいわゆる大和言葉として「わ」と表され、後に中国から漢字がもたらされて、和・輪・環・我・倭と細分化(分節化)されたのではないだろうか。

 他方、“こ”は、人間的な、それこそ主体としての勘覚であり、漢字では、個・子・小・弧・粉と表現される。

 この“わ”と“こ”という相反する勘覚のおおもとは、整体の内観技法では〈表〉と〈裏〉という二つの根源的な対概念にあると捉えている。

 〈裏〉の勘覚とは、肉体的には足の裏に象徴される、母なる大地とつながった、生きとし生けるものが持つ、いのちの一体感である。

 それに対して〈表〉とは、肉体的には面
(おも)手に象徴される、〈裏〉から分かれ(=和枯れ)て独り大地に立つ、人間が人間である
(あかし)としての誇りである。

 〈裏〉は「はら」、〈表〉は「こし」という、日本の身体文化の二つの代表的な“からだことば”に象徴される。動物はひとしなみに腹・腰を持つ。しかし人間が――何故か(宿命?)――二本足で立ったことによって、こしの勘覚が生まれた。と同時に、はらが――腹の内に――自覚されたといえよう。

 それでは整体で体を整えるとは、何をととのえるのだろう? 一般にイメージされている、手当てによる肉体の調整(病気治療や心の癒し)にとどまるものではあるまい。

 からだにふれるとは、いのちにふれること。それは、肉体と気(からだの勘覚)、はらとこし、〈裏〉と〈表〉、さらには個体と和体の調和にまで、ひろがってゆく。世間を生きる誰もが日々くるしんでいる、生物的存在と社会的存在との間(あいだ)に生じるアツレキ=“ま“(間・真・魔)を調えることへ、と。

 整体の内観技法は、この人間の根源的な矛盾を生きぬく技(わざ)と理(ことわり)の探求である。技術だけでも、理論のみでもない。日々を生きる暮らしの智恵でもあれば、“身体知”を通して自己を、人間を、文化を知る、生の追求そのものである。


からだとことばを育む会

HOME

▲TOPへ戻る

 [からこと会]

楽天堂

〒602-8354
京都市上京区下立売通
七本松西入西東町364-14
TEL 075-811-4890
FAX 02046656740/TELNo.
exchange@rakutendo.com
営業日:火―土曜
  (日・月曜&祝日休)
営業時間:11-7時


アクセス・マップ
特定商取引に関する表示