本文へスキップ

分かち合う文化 100年計画

からだとことばを育む会

HOME>からだとことばを育む会

レッスンのご案内/体を耕す 講習会表現教室 稽古会着物教室対話カフェ i-think カレンダー(日程表)高柳無々々.com

レッスンのご案内

体を耕す 講習会
9/16(土)19(火)24(日)
10/1(日)3(火)7(土)17(火)21(土)29(日)
10:00-12:30 & 13:30-16:00 @楽天堂
表現教室 稽古会
9/23(土)26(火)
10/10(火)14(土)24(火)28(土)
10:00-12:30 @乾窓院

 
縄文杉@屋久島

 からだとことばを育む会では、言葉を手がかりにからだの“サビ”をおとし、身体感覚のゆたかな世界にふれる活動をおこなっています。

 言葉はほんらい体から発せられたものですが、現代社会ではかぎりなく記号化して、その身体性を失っているのではないでしょうか。

 たとえば「こしがはいる」「はらがすわる」という言葉は、からだの感覚をともなわずに単なる比喩として用いられているように思います。

 それはとりもなおさず私たちの人生が、大地から遊離したペラペラなボール紙のような生活を送っていることの裏返しなのでしょう。

 「いま・ここに生きる」という、からだの感覚にもとづく絶対的な価値の喪失です。

 世界との交歓をとりもどすために――たいせつなのは、母なる地球の客でもあれば主でもある、この体を生き切ることにあると思います。

 言葉を通してからだに気づくということは、自分に気づくことでもあります。と同時に、“人間とはなにか”を考え、“文化(言葉や衣食住のありよう)はどのようにしてかたちづくられてきたか”を知る、学びの契機にもなります。

 からだの感覚には、「正しい」「間違っている」や「上手」「下手」はありません。一人一人の人生そのものが表現されているだけです。感覚を育むためには、他人とくらべず、自分の感覚を信じること、この一言につきます。

 ただ人間はどうしても“ひとりよがり”になりがちなので、自己を映す鏡として、また「我以外皆師」としての他者が必要になります。稽古場の存在意義はそこにあります。

 からだとことばを育む会では、初めての方向けの【体を耕す 講習会】と、継続的に学びたい方のための【表現教室 稽古会】を定期的に開講しています。興味をもたれた方は、いつでもご参加ください。老若男女、どなたも歓迎します。
 主宰:高柳無々々(プロフィール

活動内容

人

 




 



体を耕す 講習会

勘や直感という身体感覚をブラッシュアップし、整体をベースにした“元気になる養生法”を学びます。 毎月、開講。

表現教室 稽古会

からだの内から現れる生命感覚を、おどる・うたう・えがく・はなす――身体で表わして楽しもう!見学・体験OK

着物教室

日常着に着物を! “きるもの”を産んだ身体感覚を体験し、着付をして動きます。着物がなくても大丈夫(随時開講)。

対話カフェ i-think

皆で輪/和になって豆料理を食べ、一つのテーマについて語り・耳をかたむけあう、京町家の小さな広場(随時開店)。

お問い合せ・ご予約は、メール karakotokai@rakutendo.com(高柳)または電話 (075)811-4890(楽天堂)でお願いいたします。

日程・会場

・各クラスの開講日は、カレンダー(日程表)でご確認下さい(向こう3ヶ月の日程を掲載しています)。

会場は、楽天堂または曹洞宗乾窓院(ともに京都市上京区)です。マップや道順は、 こちらでご確認下さい。

補足

失業中や生活保護を受けているなど経済的に困難な方は、すべてのレッスンを500円で受講していただけます。申込時に、一言そえて下さい。

・京都市内外を問わず、[体を耕す 講習会]&[表現教室 稽古会]を出前いたします。お問い合わせ下さい。 
   

HOME

 [からこと会]

  Social Network

楽天堂

〒602-8354
京都市上京区下立売通
七本松西入西東町364-14
TEL 075-811-4890
FAX 02046656740/TELNo.
exchange@rakutendo.com
営業日:火―土曜
  (日・月曜&祝日休)
営業時間:11-7時


アクセス・マップ
特定商取引に関する表示