内観技法 覚書
稽古会 
A.【内観技法 理(ことわり)】B.【内観技法 技(わざ)】 
資料はpdfファイル( B5サイズ)


A.【内観技法 理
(ことわり)

 
からだとことばを育む会では、肉体の感覚(五感)ではなく、第六感としての勘覚(「直感」「虫の知らせ」とも。表徴としては「気」)に焦点をあてて稽古しています。からだの勘覚としての「はら」「こし」から生まれる元気こそが、人間理解&文化創造の礎
(いしずえ)と捉えているからです。
 はらは、「ねる」(寝・根・練)、ヨコ、母性の勘覚です。
 こしは、「たつ」(立・断・建)、タテ、父性の勘覚です。
 はらは〈裏〉/こしは〈表〉の勘覚の母胎となり、自己と他者の間
(ま)では、〈裏〉は「わ」(和・我・輪・環・倭)/〈表〉は「こ」(個・己・孤・小・粉)の勘覚を生じます。
 また、内観技法では人間の心は三つあると捉えています。生物
(いきもの)としてのはらの性(こころ)と、社会的な存在としての頭の憶(こころ)の間で、常にゆれうごいているのが――一般に言う――胸の情(こころ)です。  
はら・こし
〈裏〉・〈表〉
三つの心
 ※参考 宮沢賢治『春と修羅』序 W・H・オーデン「謎」

B.【内観技法 技(わざ)

[基本の型]
 からだの勘覚の対象は気です。内観技法では、水棲昆虫のみずすましのように上下の眼(肉眼+心眼)でからだの内を観、白隠禅師
(はくいんぜんし)が説く瓢箪(ひょうたん)イメージで腹式呼吸をし、はらの玉を間和(回)して気を視覚的に捉えようとしています。
 一)[心眼](みずすましの目)
 二)[呼吸](ひょうたんの息)
 三)[元気](間和
(まわ)るはら)
 四)[
 
日々の養生法

 「一人でもできる身体の鍛錬法は?」と問われた野口晴哉は、「一に行気、二に活元、三に気合」と答えたそうです。からだとことばを育む会の養生会では、行気を“福は内”・活元を“鬼は外”と名づけて紹介し、気合は稽古会で学んでいます。
 [“福は内”(行気)・“鬼は外”(活元)]

手間(てま)(いのちにふれる手)
 整体でいう愉気
(ゆき)です。整体とは、ひとことでいうと「手でふれる」術理の追究です。手間と名づけたのは、もの(者/物霊)に手をふれて、時間&空間の間(あいだ)を真(ま)に転換する(魔を避けつつ)ためです。

 [あたまを調える
 [からだとこころを調える
 [自身に手をあてる]
 [他身に手をあてる]
 ※参考 野口晴哉愉気の思想]、早川一光
(はやかわ・かずてる)医の心を教わった父の言葉(A4サイズ)

表現を楽しむ]
 
“わたし”の内から現れる“いのちのもえ”を、からだで表して楽しみましょう!
 [気合気合を入れる

 [母音「声はその人の魂の音色です」 by 三波春夫(みなみ・はるお)
 [柏手(かしわで)神社でなぜ柏手を二度うつのか?

 

からだノート
 一)からだ学(まなび) 事始 二)ことば遊び 三)内観技法 覚書


整体・TOP
楽天堂・HOME

▲Back to top