[HOME]


  
  2018/12/15 [土]   


(豆料理クラブMLより)
Sさん、ありがとうございます!うれしいです、本買います読みます、いっしょに考えます。

政治経済がどんなにひどくても日々の暮らしをきちっとしていこうと固く心に決めて、苦手な掃除もやっと毎日できるようになってきたのに、昨日の辺野古の土砂投入には、ショックで吐き気がして、お皿も洗わずハミガキもせず寝てしまいました。

今朝は気を取りなおして掃除してたら息子が茶の間に下りてきて、
「お母さん、元気そうやね」
と声をかけてきて、
「元気だそうとしてんねん」
と答えたところです。
わたしは一番元気ないときは、ベートーベンの交響曲5番の第4楽章を鼻歌で歌うようです。これ、ほんと景気のいい曲ですから。勇気出てくる曲ですから。

特に、フルートヴェングラーが戦後最初にベルリンで演奏したライブの録音が、ほんとうにすばらしくて、わたしは1947年5月27日の演奏をいよいよ元気がないときは聞いているようです、どうも。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3…/…/B0002J53HY

瀬尾さん、お薦めの本を読んだら、またここで感想を書きますね。

■昨日はもうひとつうれしかったのは、BASICコースのご感想が届いたことです。
コースを始められたときも、圧力鍋を使わなくても豆が簡単にに茹でられることに目を見開かれたと書いて下さった方で、すごくうれしかったです。

他にもこの秋は入会して下さった方が多くて「豆料理にはまってます」「毎月とても楽しみです」と感想を下さるたびに、とても励まされています。
景気が悪いときほど、どういうわけか豆料理クラブの入会者は多くて、救われています。店の売り上げには浮き沈みがあるので、会員のみなさんの存在がほんとうに支えです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この1年、今まで出会ったことのなかった様々な豆料理を作ってきて毎月々、そのおいしさに感動の連続でした。
そのバリエーションも本当に豊かで最後まで飽きることなく楽しませてもらっています。
レシピを作られた方のお豆に対する熱い想いが本当に伝わってきます。
私も、今までの「豆料理といえばコレ!」という固定概念を捨ててもっと色々にお豆を使っておいしく食べていきたいなと思っております。

スパイス料理も大好きなので、1年目はBasicコースを選択しましたがやはり食べていちばんホッとできるのは和食ですね。
2年目もどんな新しいお味に出会えるか楽しみで仕方ありません。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!
また京都を訪れた際にはお店の方にも必ず立ち寄らせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  2018/12/11 [火]   


(豆料理クラブMLより〜朗報:味噌づくりセットご用意できます!)
みなさま、味噌づくりセットがご用意できるめどがようやくたちました!よかった!
そして自然栽培の大豆の年間供給のめども立ちました。

今年は秋場農園が一時閉鎖したことでもともと大豆も黒豆も小豆も手亡もないところに、舞鶴の定方さんの大豆が全滅してしまったんで、暗澹としていました。
綾部の小西さんの豆もまだ青いのです。熟すのが1月。そして青い大豆をどんどん鹿が食べていて、どれだけ収穫できるか、わからないのです。

定方さんも小西さんもたいへん前向きな農家さんなのですが、今年ばかりは、来年からどう対策を立てていいかわからないと仰ってました。天候不順と獣害。手の打ちようがないくらい深刻なんです。
農業のリスクがここまで高まるなんて、たいへんな事態。
(定方さんは当店ではお米が主力商品です。みなさま、年間通して販売しております。どうぞよろしくお願いします。小西さんは当店では麹が主力商品です。1〜3月販売いたします、どうぞよろしくお願いします。)

大豆の話に戻りますと、山口の安渓さんが頼みの綱だったのですが、安渓さんところも収量は決して多くなくて、うちが分けてもらえるのが50キロです。それもほんとにありがたいと思っています。

ああ、どうしようかなと思っていたところ、この夏から(豆腐工房まめやの青木さんの紹介で)取り引きを始めた自然栽培の納豆と蒸し大豆を作ってる丸玄さんに聞いてみましたら、楽天堂に卸して下さるとのこと。
ものすごくおいしい自然栽培の蒸し大豆、大粒で、味噌にもうってつけなんです。
ありがたい!
基本的には、納豆や蒸し大豆に加工して販売されてるので、乾燥大豆の卸はされてないんだけれど、今年は豊作だったらしく(山梨です)、また、うちの困ってることを聞いて、100キロでも150キロでも用意してくださるということなんです。

なんて幸運なんだ。
長野の豆腐工房まめやの青木さんにも感謝です。
(山梨の丸玄さんの蒸し大豆&納豆、常時、楽天堂で販売中です!納豆380円、蒸し大豆280円。)

以上のような経緯で、例年好評の味噌づくりセット、1月にはご用意できることが確定しました。
昨年と同じ価格になると思うのですが、はっきり決まったら、またお知らせしますね。

昨年の価格は下の案内の通りです。

■味噌づくりセット

麹は、綾部の水田さんが無農薬無化学肥料栽培でお米を栽培していて、そのお米で作った麹です。
同じく綾部の小西さんが除草剤一回使用でお米を作っていて、そのお米で作った麹です。小西さんも化学肥料を使っていません。
麹も単品の販売をします。

塩は、すべて、カンホアの塩です。ベトナムの天日塩です。

@水田家の麹でつくる味噌づくりセット
大豆     2キロ  3780円
水田家の麹  2キロ  3200円
カンホアの塩 800g  700円
作り方の説明書      サービス
            7680円

A水田家の麹でつくる味噌づくりセット・ハーフサイズ
            3840円

B小西さんの麹でつくる味噌づくりセット
大豆     2キロ  3780円
米麹     2キロ  2600円
カンホアの塩 800g  700円
作り方の説明書      サービス
合計          7080円

C小西さんの麹でつくる味噌づくりセット・ハーフサイズ
            3540円

ご予約お待ちしています。
はじめての方には、ハーフセットをおすすめいたします。

お渡し予定時期は、1月中旬以降になります。ご希望があれば、2月3月にもお渡しできます。

■単品の大豆の価格も、まだ確定できませんが、おおよそ
1キロ1890円
3キロ5355円
5キロ8400円
になる予定です。

自然栽培大豆でお味噌を作ると、えぐみがなく、びっくりするくらいおいしくできた!と毎年好評です。
数年前に、化学肥料を使った大豆を茹でてみたとき、楽天堂で扱ってるお豆とまったく違うえぐみにびっくりし、食べつけてないせいか食べられないと感じたほどでした。
それくらい肥料で大豆の味は変わります。

ご質問がありましたら、お気軽におよせください。




  2018/12/10 [月]   


(ツイッターより)
おはようございます。
寒中サイクリングに行ってきました。まだ声はちょっとへんだけど、体が軽いし、お腹はぽかぽかしてるし、気持ちも明るい。
全方位的に社会が機能不全に陥ろうとしてるけど、こういう時だから、自分たちの当たり前が価値を持ち出すのかもしれない。

社会に出てからずっと、今日のこの最悪に備えて、すべきことをしてきたという気がする。
1990年に今の機能不全は見えていて、この人たちは百年たっても変わらないよ、と霞ヶ関をやめたわけだった。
で、もう何が大事か年々はっきりしてきて、京都に来て子育てをした。 今もすべきことをしてる。

1990年にはショックだった。絶望的な気持ちだった。誰も国民のことなんて考えてない、官僚は。自分たちの組織の予算とポスト、天下り先、それが最優先の課題。
国民はそうと知らず、優秀な官僚に任せておけば大丈夫だと思ってた。
霞ヶ関の中にも外にも、話が通じる人がいなかった。 でも今はちがう。

昨日読んだ『ルポ ニッポン絶望工場』は、すごくいい仕事だった。今の日本の機能不全を描き出してる。
外国人実習生の問題、ほんとうは管理団体の問題が大きい。管理団体がピンはねしてる。法務省や外務省の役人の天下り先だ。
問題は出そろった。 国家ぐるみの犯罪が目に見えるようになってきた。

1986年わたしが法務省に入省して最初にしたのは、天下り先として新設した「入管協会」の機関紙を創刊すること。
他の省庁とちがって自分たちには天下り先がない。定年後働ける場所がない、天下り先の外郭団体をつくるのが最優先課題だと教えられた。
それから彼らはせっせと天下り先を新設したわけだ。

で、官僚OBは、留学生からも、実習生からも、ピンはねしてきたわけだ。
ベトナム人の多くは150万円(年収の7倍)もの借金をして日本に来て、過労死さえしてる。
人間の欲にはきりがない。入省した22歳の官僚の卵(わたし)に、大事なのは老後にそなえて天下り先を作ることなんだと教えたわけだから。

くだらない。今はそのくだらなさがはっきりわかる。
だから、1990年の自分よりは、今の自分に希望がある。そうじゃない生き方があるのがわかってるし、現にそうじゃない生き方をしているから。
保身がすべてなんて、くだらなすぎる。




  2018/12/09 [日]   


(豆料理クラブMLより)
いま読んでる本、『ルポ ニッポン絶望工場』(出井康博著、講談社新書)、これ、日本人全員に読んでほしいと思うくらいの労作です。
10年以上前からの丹念な取材、頭が下がります。

「『実習生』や『留学生』だと称して外国人たちを日本へ誘い込む。そして都合よく利用し、さまざまな手段で食いものにする。そんな事実に気づいたとき、彼らは絶望し、日本への反感を募らせる。」
「自分たちを食いものにしてきた日本社会に対し、彼らの『復讐』が今まさに始まろうとしているのだ。」

下をぜひ聞いて下さい。国家ぐるみの犯罪が行われてるのを感じます。
【音声配信】「政治家の利権!?メディアにも問題!?日本で酷使される外国人労働者の実態」出井康博×伊藤圭一×荻上チキ▼2018年11月20日(火)放送(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時〜)

https://www.tbsradio.jp/315365


  2018/12/07 [金]   


(豆料理クラブMLより)
毎日いろんなことがあって、報告したいこと、いっぱいなのですが、ひとまず明日からみなさまにとって重要なことを書きます。

明日からかなり寒くなるようなんですが、干した生姜につづいて、干したごぼうがおすすめです!

今回、わたしは久々に体調を大きく崩しまして、そこからいろいろ学びました。
ぜんそく&気管支炎の時は、とにかく体を温めたくなるんですが(それが必要)、どうしたらあったまるか。

朝の足湯(足を熱いお湯につける)も効果があるんですが、それと同じくらい(もしかしたらそれ以上に)体中がぽかぽかすることを発見しました。
干したごぼうを食べることです。

腸の微生物のエサになる食物繊維が豊富なことから腸の調子がよくなる。トイレで便が沈んでしまうのは食物繊維が不足してるしるしなんですが、乾燥ごぼうを食べると、すぐ変わります。
そしてそれだけじゃなくて、おなかからあったかくなって、体中があったかくなります。

お子さんがぜんそくとか風邪とかアレルギーがあるとき、干しごぼうたっぷりの豚汁を作ってみてください。
あるいは干しごぼうできんぴらを作ってみてください。

そして数日食べてみて下さい。

わたしは自分の体で試してみて、いろいろ気がつきました。
生姜も、生の生姜と干した生姜では、まったくちがいました。干した生姜が、たぶんアレルギー傾向があるとき、化学物質過敏になってるときにも、いいです。並んで干したごぼうがこんなにいいなんて。
これを朝に食べとくと、おなかもあんまりすきません。

どうぞお試し下さい。
干したごぼうは、20g260円。愛媛県の有機栽培ごぼうを無茶々園が加工しています。