[HOME]


  
  2019/04/17 [水]   


昨日はすっかり体を休ませました。午前中だけ仕事して、見舞いに行こうと思った実家は取り込み中だったため、午後は昼寝。夕方から町に出て、イーストウッドの新作『運び屋』を見ました。 夕方の御池通りは美しくて(一年で一番いい時期かも)、イーストウッドの新作も最高で。

イーストウッドの新作をこうして毎年見られるなんて、奇跡的なしあわせ。
2008『グラン・トリノ』
2009『インビクタス』
2010『ヒア・アフター』
2011『J・エドガー』
2014『ジャージー・ボーイズ』&『アメリカンスナイパー』
2016『ハドソン川の奇跡』
2017『15時17分、パリ行き』
2018『運び屋』

前回夫と見たのは『グラン・トリノ』でした。グラントリノのときは最初一人で見て、これはいいからと夫を誘ってもう一回映画館に行ったのでした。
今回もきっといいにちがいないと思って誘う。10年ぶりにイーストウッドの新作を夫と見たのでした。期待をはずさない佳作。

年寄りのイーストウッドの時代遅れなジェンダー意識とか、つっこみどころも満載なんですが、とはいえ、その時代遅れを笑う視点が随所にあって、ほんとにいい映画になってました。 先日は『グリーン・ブック』を見ました。B級映画的な笑いが楽しくて大好きだけど(そっちも、おすすめです)、比べるとイーストウッドの洗練は圧倒的。

1カット目からエンドロールまで、無駄がなくて、冗長さがなくて、絵がよくて、ライティングがよくて、抑えた演出で、音楽も過剰じゃなくて、しみいるような映画です。 また、今回はイーストウッドの背中が曲がっていて、すっかりおじいさんになっていて、その姿をあえて撮ってたのが、すごくよかった。

http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

というわけで、今日はとても元気です。
いい映画を見ると、わたしはすっかり元気になります。


  2019/04/12 [金]   


(豆料理クラブMLより〜はちみつの効能さらに〜)
いつもは発見があるとメモ代わりになんでもツイートするのですが、今日は「これを書いたらちょっと誰も信じてくれないんじゃないかな」と思えて書きそびれたことがあります。

歯医者に行ったら、わたしの歯茎の状態が劇的に改善していたのです。

何年か前におやしらずが真横にはえてきたために歯が窮屈になって、わたしは素人考えでおやしらずの前の歯が虫歯になったとき治療せずにその歯をなくしたのです。そしたら歯の窮屈さがなくなって、作戦大成功!と思っていたのですが、そうすると、なくなった歯の前の歯に負担がかかって、その歯を歯茎が支えきれず、半年前からぐらぐらするようになってしまいました。

もうちゃんと維持する方法がなくて、場合によったら歯が抜けちゃうんだなと残念に思っていたのですが、今日、歯医者に行くと、歯医者さんがびっくりするくらい、歯のぐらぐらがなくなっている。
歯茎がきゅっとしまって、とてもいい状態で歯を支えてくれてるそうです。

この2ヶ月変わったことと言えば、寝る前にはちみつをなめるようになったことと、時々はちみつでハミガキをするようになったこと。

ものの本にも書いてありましたが、はちみつを寝る前になめると虫歯予防になるそうなんです。半信半疑で試していたら、歯茎までしっかりしてきた。朝起きたときの口の中のイヤなかんじもなくなりました。口の中が爽やかなのです、いつも。

はちみつをなめると、口の中の常在菌のバランスがどうもよくなるようです。

豆が豆そのものの栄養というより、そこに含まれる豊富な食物繊維が腸の微生物のえさになることで腸内環境を整え人間に健康をもたらしてきたように、はちみつも、皮膚や口の中、消化器系統の常在菌のバランスを整えることで、人間に健康をもたすのではないかと、わたしは推察しています。

今日、図書館でたくさんのはちみつの本を借りてきました。わたしと同じことを考えて検証している人と出会えるといいなと思っています。