100年計画  

2006年1月

[Topics]

02 Dec シナモンの話から 
 ひろです。(前略)フランスでは〈クリスマスの飾り〉をこんな風に作ります。保育ママをやってる近所のおばちゃんからききました。
小麦粉:水:塩を2対1対1の割合でこねてクッキーの要領で好きな形にします。紐通しの穴を開けておくとツリーにすぐ飾れます。それからオーブン100度で1時間。そのあと50度でまた1時間(この過程ってヒーターの上においといたりしてできるのでは?)焼きます。乾燥させてから水彩絵の具で色を塗って出来上がり。
 うっかり子供が口にしても大丈夫、うわーしょっぱい。賞味期限の切れた古い粉があったらお試しを。

03 Dec  こんにちは。
 泰子(タイコ)です。(前略)以前千晶さんにお話させて頂いた、神戸のベジタリアンレストラン(豆料理多いですよ)ですが、ご紹介致します。「VEGI SMILE(ベジスマイル)」 JR「六甲道」を山側(北側)に5〜6分です。阪急電車だと、「六甲」からで多分、JRよりは若干遠めだと思います。初めての人は場所がわかりにくいと思うので、電話された方がいいと思います。070−5657−3788夕方18:00〜の営業ですが、月に3〜4回ベジタリアンの料理教室もしています。ここは、ベジと言うよりVegan(ビーガン)なので、お肉、魚を使わないだけでは無く、牛乳、チーズ…も使いません。私はたまに鶏肉、魚は食べますし、チーズとろ〜りのピザも大好きですが、ここはファラファはもちろん、ハンバーガー、チキンサンド(全部豆でできています。)等、ヘルシーでおいしいので、お薦めです。神戸に来られる時は是非一度覗いてみてください。(後略)

08 Dec Re: 決定、1月の豆ランチパーティー こんにちは。 
 泰子です。(前略)ところで彩乃さんのご質問ですが、〈トマトペースト〉ですよね?ピューレはケチャップを少しドロッ、とさせた感じだと思うのですが、ペーストはそれを濃縮したものです。硬さで言うと、お味噌がもう少し硬くなった感じです。うちでは「ハンツ(Hunt’s)のトマトペースト(Tomatoes Paste)」を使ってます。輸入食料品店で買っていたのですが、今は一般のスーパー(大きなところなら)でも置いていると思いますよ。デパートならあると思います。ちなみに、私はトマト煮込み系の料理にはよく使うのですが、かなり濃縮タイプなのでたくさん入れると味が濃くなってしまいます。他のメーカーで見つけたら、また報告しますね。(後略)

08 Dec ペースト、かい豆
 千晶です。泰子さん、ありがとうございます。そうそう、うちもトマトペースト扱っています。たった今は欠品しているのですが、豆料理セットに入れたことがあるのです。170グラム294円です。ご希望があれば仕入れます。24個単位なので、どうしようか迷っていました。ペーストはたしかにあると便利です。
 〈貝豆〉は、12月のベイシックコースで入れた前川金時と同様、稀少な北海道の在来種のお豆です。楽天堂の店頭のアクリルケースに見本が入っていますが、(最近、見本を入れる標本ケースみたいなのを用意しました。触れるし、色とりどりで美しく好評です)薄茶と濃い茶の縞になっています。赤くはないのですが、金時豆に似ています。
 北海道の生産者をたずねた9月の旅で知り合った豆問屋さん「長谷川商店」で扱っているお豆の一つです。長谷川商店のお豆は、今のところ、前川金時しか仕入れていませんが、他に、「貝豆」、「パンダ豆」、「本金時」などがあります。北海道で、たしか「貝豆」入りのおにぎりをいただきました。おいしかった。いんげん豆の一種です。お料理は、金時、うずらで代用できると思います。

19 Dec 〈くるみの割り方〉教えて下さい
 こんばんは。細井です。10月に伊那に行った時、殻付きくるみを頂きました。
 割る方法は、水に数時間入れておいて、フライパンで、炒ると 殻がぱくっと開くと聞いたのですが、開きませんでした。
 伊那でくるみを貰われたみなさん。どのようにされましたか?上手く割る方法があれば教えて下さい。食べたいのに、食べられなくてもどかしいです。よろしくお願いします。

19 Dec Re: くるみの割り方 教えて下さい
 清水千佳です。 私はくるみを割るときはコンクリートや平たい石の上に立て、かなづちで割ります。
 くるみ割りも使ったけれど手が痛くなってきて、自分には(亡き祖母もそうしていたし)かなづちのほうが効率がいいです。
 ただ、ヒメくるみは比較的楽だけど、鬼くるみは堅いですよね。
 売られている西洋くるみのようにきれいに中身を取り出すのは難しいです。私もどこかで、同じ質問をして、でもどなたからもあまり満足のいく答えをいただけず、結局旧態依然としたやり方なのでした。
 フライパンの方法もやってみたけどへたくそで・・・。 たいした参考にもならずごめんなさい。(後略)

20 Dec Re: くるみの割り方 教えて下さい
 細井さん、こんにちは。伊那の平賀です。わたしもくるみ失敗しました。でも、その後地元の人に会って失敗を話したら、ポイントを幾つか教えてくれました。再チャレンジしていませんが、多分今度は成功すると期待しています。
 @水につける時間は長い方がいい。私も数時間でしたが、半日〜1日と教えてもらいました。
 A炒る時間も半端じゃない。私もどれくらいの時間炒っていたのか覚えていませんが、フライパンが限界になったので諦めました。話を聞くと、昔は大きな深い鉄鍋を囲炉裏にかけて、ガラガラガラガラと、ず〜っと、やっていたそうです。口が開くまで。ガスコンロとフライパンじゃ太刀打ちできないなとおもいつつも、もう一度チャレンジしてみようと思っています。(後略)

23 Dec  〈メディアへの批評的な態度〉 
 千晶です。(前略)うっすらとした失望についての答というか方針というか、希望が生まれてきたので、それについて書きます。
 マスメディアとどう付き合っていいか分からないことで、わたしはくたびれていました。マスメディアを前にしたときに、ずっと前に法務省という大きな組織を前にしたときと同じような無力感を感じていました。そして、病気から回復した途端、「来年はマスメディアとつきあう」というアイデアがひらめきました。

 去年の今頃、メーリングリストをどう運営していいかわからないで折にふれ悩んでいたのですが、今年の始めに、古いメーリングリストをいったん閉じて、新しい「100年計画」というメーリングリストをスタートし、今はメーリングリストの運営ではありがたいことに悩むことなく気分よくやっております。「100年計画」をスタートするときに、メーリングリストとつきあうという覚悟を決めたのだと思います。つきあうという覚悟を持つからには、自分がつきあう範囲を限定した。6月頃、下鴨サプライズでの豆ランチパーティーの後でそれはもっとはっきりしました。自分が一緒にやっていこうと思う人とシェアしたいことを書こう、というスタンスをもてた。

 マスメディアを相手にするときも、わたしが「100年計画」と通じるようなビジョンをうち出し、そこを共有できる相手だと思ったら、取材に応じようと思うのです。そうでなければ、断る。メディアは、わたしを取材するときに自分の立ち位置を確認できるだろうと思います。わたしの100年計画においては、消費文化に無批判な新聞や雑誌のあり方も問うことになるから。

 つまらない例かもしれないけれど、わたしはこの数ヶ月、毎朝、朝日新聞の朝刊の三面記事を開けるたびに、すごく嫌な気持ちがしています。スナフキンが楽天トラベルという会社の広告の中に出てくるからです。最初は、孤独と自由を愛するスナフキンのイメージに多少なりともあうようなキャッチコピーも含まれていて、それと大きく外れるような社員旅行のコマーシャルのときは、スナフキンの顔は外されていたのだけど、だんだん楽天トラベルは厚かましくなってきて、最近では「部長も意外といい人じゃん」とか「クリスマスに娘をとりもどすには、旅行しかない」みたいな、社員旅行や家族旅行のキャッチコピーの脇にもスナフキンが入れられている。

 これを見たら、トーベ・ヤンソンは唖然としたと思います。そもそも、ムーミン谷を観光地化しようと温泉を探しに来た男達がやってきたとき、ムーミンパパとともにスナフキンは観光地なんてまっぴらごめんだと言って、男達を追い返すべく知恵を出したのですから、「楽天トラベル」なんて、スナフキンが最も忌み嫌う会社なんですね。
 わたしが朝日新聞の社長だったら、絶対クレームを出す。ムーミンの批評精神を理解しないで、今の社会を守れるんだろうか。

 サリーさんをゲストに招いた豆ランチパーティーの時にもテーマになりましたが、今のメディアと社会に欠落してるのは「批評」的観点だと思います。あのパーティーで参加者のひとりがサリーさんに「こどものためにメディアリテラシーのワークショップをしてほしい。母親のわたしは教えられないから」と言ったのが印象的でした。たぶんメディアへの批評的な態度というのは1回や2回のワークショップで培われるようなものじゃない。遠回りなようでも、そこはまず親が大人として獲得していかなくちゃならないたしなみのようなものだと思います。いっしょに批評的観点を育てていきましょう。(このMLはそのためにも機能しているはず。)

 少なくとも「100年計画」という言葉には、近視眼的に物事を見がちな今のマスメディアに対しての「批評」が含まれうる。今後、新しい文化へのビジョンをもっと具体的にしていくことで「豆料理クラブ」はマスメディアに問いかけていきたい。今の社会で支配的な商品文化、またはコイズミ的文化に対してあなたはどんな批評精神を持っているのかと。それをポジティブなキャッチコピーで表したい。反肉食偏重文化ではなく「豆料理クラブ」という言葉をつかいたかったみたいに、反浪費文化ではなく、何かいい言葉を思いつくといいな。「100計画」とか「分かちあう文化」とかで、いままで言おうとしてきたこと。「豆と100年計画」でも「豆と分かちあう文化」でもいいのだけれど、あるいはもっとぴったりの言葉が見つかるかもしれない。

 それは「ロハス」とかじゃない。「ロハス」という言葉は今や消費文化に組み込まれている気がします。それを使って商品を売ろうとした人の大半が、今の体制への批評精神を持っていなかったからだと思う。(批評精神を込めて使っていた人ももちろんいたと思います。)米軍を再編して沖縄の基地をよりアメリカの軍隊の使いやすいように整備し、(大量破壊兵器なんて無かったのに)少なくとも3万人のイラク一般市民を(つまりは何の理由もなく)犠牲にしたイラク戦争にコミットしている今の政府、これを批判する観点のない「ロハス(=ライフスタイル・オブ・ヘルス&サステナビリティ)」なんて信じられない。

[レシピ]

03 Dec こんにちは。
 泰子(タイコ)です。いつも楽しく読ませて頂いてます。レシピを見ながら、いろいろと挑戦しております。今日は、私が時々作る豆レシピ+簡単レシピを紹介します。

[金時豆と野菜のトマトソース、オリーブオイル入り]
【材料】(4人分)金時豆‐2カップ、 オリーブオイル‐70cc、 玉ねぎ‐個じゃがいも‐2個、 にんじん‐1本、 トマト‐2個(又は水煮缶‐1缶)、 トマトペースト‐大さじ2、塩‐適量
【作り方】
@豆は一晩水につけ、柔らかくゆでておく。
A玉ねぎとにんじんはみじん切り、じゃがいもは1cmの角切り、トマトはざく切りにする。
B鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、トマト以外の野菜を入れて炒める。
Cトマトとトマトペースト、水3カップを鍋に加えて、10分程煮る。
Dさらに@で下ゆでしておいた豆を加え、水2カップを加え塩で味つけをして、弱火で30〜40分煮こむ。『トルコの家庭料理』の本から

 アツアツもおいしいですが、冷めてもオリーブオイルの香りがしておいしいですよ。これが、元々のレシピですが、私なりに工夫したところが以下の点です。
*オリーブオイルを少なくして、水も最初の3カップだけで作っても十分おいしいです。(私はこうしています)・豆はウズラでもひよこ豆でも何でもいけます。
*野菜は適当に有るものを入れますが(ピーマンは香りが強すぎるので入れない方がいいかも…)、セロリは嫌いでなければ、香りがでておいしいです。(私はここぞとばかり、葉も細かく刻んでいれます。レシピでは野菜をみじん切りにしていますが、我が家では少し大きめの方が好評!
*トマトはどちらでもおいしいですが、缶を使うとかなり変わりますね。 以前ペーストが無くピューレやケチャップで代用しましたが、ペーストが一番でした。
*最後に調味料はお塩だけをお薦めします。だしやブイヨンを入れると味が変わります。

[ねぎと薄揚げの炒め物]
 これは、以前テレビで誰かが紹介してたのですが、うすあげを油抜きしてねぎ(TVで九条ねぎと言ったような気がしますが…とりあえず家に万能ねぎの残りがあったので、してみました)を5cmくらいにザクザク切り、ごま油で炒めて塩で調味するだけです。意外とおいしい。


06 Dec Re: 京都環境フェスティバル 
千晶です。(前略)

[根菜のピクルス]
 今の時期、大根、にんじん、かぶなどの間引き菜をよく食べると思うのですが、間引き菜のさきっちょの小さい根菜をピクルスにすると、とてもいいかんじです。若い根菜の詰まったおいしさを生かすために、お砂糖をつかわずにピクルスにしました。1カップの米酢、半カップの水、半カップの白ワイン、黒こしょうの粒4個、ローリエ1枚。塩適量。これを小鍋で沸かして、小さい根菜を入れて歯ごたえが残る程度にゆで、そのまま冷ます。あら熱が取れたら、冷蔵庫へ。1週間くらいで食べきる。
(後略)

[HOME] [100年計画・INDEX]