100年計画  

2005年月

[Topics]

〈虫喰い豆研究家〉(10/4) 豆料理クラブのみなさん
 虫喰い豆研究家としてカミングアウトしようと勇気をもってメールを打ち始めましたはるかです。(佐野仙子さん風)
 豆の虫食いと無縁な方には、完全なダストメールです。すみません。
 9月30日が東海村の原発事故があった日だと意識されての連日のメールかと思っていました。記憶が劣化しないように、改めていろいろ思い巡らせながら読みました。ありがとうございます。仕事でよく主婦の方の前で講演をするのですが、原発に関する発言が一番やりにくいのは、日々感じていることです。
 10月1日は、久しぶりにクラブに行ったので(タバコアレルギーになって以来行けず、踊るのはもっぱら屋外にて、はだしで)、ひっさしぶりに、マスカラとアイラインを引きました。たったそれだけで、ルンルンしますね。朝まで踊りつづけていました・・・。
 10月2日は、すべての約束をキャンセルして、家の台所の大掃除をしました。ちゅぅちゅぅねずみについに堪忍袋の緒が切れたのです!
 それで、スパイスの類や調味料の類を全部眺めながら料理ができるようにしました。こうすることで、お店屋さんで迷うみたいに、創作料理で迷えます。そして、このMLで発言するには、大変な恥さらしでおっかなびっくりなんですが。。。
 下鴨サプライズ!を知っている方は想像がつきますでしょうけれど、とにかく荒れたうちなのです。猫もへびもいたちもねずみもごきぶりもクモも大量の蚊もみんな我が物顔で住んでいます。
 びっくりするくらい、オーガニックの食材が消えていきます。開封していないオーガニックパスタと、開封してある大企業のパスタがあったら、開封していない方を食べていく。持っていく。石けんしかり。小麦粉しかり。
 お豆さんも、大量の豆がある中で、ひとつとくに有機栽培と書いていない(開封してある)緑豆があったんだけど、これには一切虫が来ていないのです。でもそれ以外のすべての豆(楽天堂の)には虫が入る。
 瓶に入れたらいいわよ。とか、タッパーもいいわよ。とか聞こえてきそうですが、家に2人も豆クラブ会員がいて、6人の人間が暮らしているのでなかなか叶わず・・・。
 でも今回は、それもキレイにしました。
 本題はというと、豆料理を研究することにしたのです。これから改めて宣言するなんて、じゃぁ今までのはなんだったの?と言われましたが、
 お豆さんたちは、虫喰いだらけでした。捨てるわけには行きません。みなさんの中で、あっ虫が食ってる。あきらめよう。と言う方がもしかしてもしかすると、いるかもしれないと思って、(食べものをそんな状態にするなんてけしからん!と言われそうですが。ハイ。お叱りはしっかと受けます。)今日は、虫食い豆の料理研究家としてカミングアウトします。繰り返しますが、恥をさらします。

●虫食い豆の除き方●
 まず、豆の間に白いつぶつぶ(幼虫のうんち)があっても驚かないで。
 ザルを用意して、ふるいにかけます。(これは外でやるといい。)
  たぶん白い粉が落ちて、間から幼虫が1匹2匹のこのこと出て行きます。
  この粉は、豆を食べた幼虫のうんちなので、たぶんとてもいい肥料だと
  信じてます。
 ふるいにかけながら、うんちがつらなっている豆を発見したら取り出します。
  明らかに虫喰いのお豆さんも取り出します。
 新しい袋か瓶、タッパ―に入れます。早いうちにいただくこと。
 水につけると、虫食いはわかりやすいので、普段は圧力鍋でパッと炊いてしまう人も、虫食い豆は、水に浸して、浮くのを取り除いたり様子をみること。

●虫の好み(経験値によるもので根拠なし)●
 黒目豆(皮が薄い)や、スプリットピーたちや、赤レンズ豆(皮がない)は、結構救うのが難しいお豆で、ヒヨコマメやキドニービーンズはすぐに虫が入ります。意外と手亡や花豆、うずらまめ、虎豆は皮が厚いのか、ヒヨコマメたちよりも後に入るようです。もちろん長く置いているものは、長く住みます。

●虫喰い豆の調理法●
 黒大豆に虫がついたことが発見されて、すぐに幼虫とうんちを除く作業をしたら、それはたとえば玄米ごはんを炊くときに、1日10粒くらい入れて炊いたりします。10粒くらいなら、ちょっと気をつけてみることができるし。
 茶レンズ豆で、ある程度虫食い豆を除いたあと、ボールに水を張って浮かせます。ざぁっと洗って浮いたものを更に除いて、残ったものをザルにあげておきます。水が切れて乾いた頃、油でよく炒めます。塩コショウを多めに振って、ナッツかポップコーンか!?みたいになった頃、用意していたサラダにナッツ兼味決めとして振りかけます。お酢の類をかけておいたサラダに最後の塩分として乗せるのですが、これは、みんな止まらなくなります。
 豆クラブのお友達がいなくなるのではないかとあせりながらも、送信ボタンを押します。また次に勇気が出た日に、また別な虫食いお豆さんのおいしい食べ方を紹介します。
 はるかから
 ここまで書いて下書きのボックスに入ったままでなかなか送信ボタンを押せませんでしたが、もう押します。

三好克美さんからのメール(10/13) 三好克美さんからいただいたメールが嬉しかったので、ご本人の了解を得て転送します。(千晶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(前略)
 それからおススメ本が一冊あります。
 『未来を開く歴史』という、日、中、韓3国の共同編集からなる東アジア近現代史の教科書(以前どなたかがMLで紹介されていたと思います)です。
 「新しい歴史教科書」の出版を期に、この3国の共通の歴史認識が必要だと感じた方々が日本、中国、韓国から集まり3年の月日をかけてていねいな議論をし作られたものだそうです。
 史実を客観的にとらえ、多くの写真や証言、資料を集めて作られています。
 実はこの夏千晶さんがそうであったように、わたしも過去の戦争を振り返り、今しなければいけないことをあれこれ思いめぐらせていました。そしてこの教科書を読み、出来るだけ多くの方に目を通してもらえたらと思ったのです。
 そこで私の手元にあるこの教科書を楽天堂文庫に置いていただけないかと思うのです。まず、千晶さんとむーさんに目を通していただきその後の判断はおまかせします。
(後略)

宮島百合さんからのお便り1(10/21) ずいぶん以前にただいたお便りです。ご紹介するのが送れてすみません。小俣さんが入力のアルバイトを引き受けてくれました。(千晶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(前略)
 さて、私はこの頃、フェミニズムの本を少しずつ読んでいます。『肉食という性の政治学』(キャロル・J・アダムズ著。鶴田静訳、新宿書房)はお読みになりましたか?難しい言い回しも多いけど、刺激的な本でした(私もうお肉は食べないぞ、と決心させた本ダ!)。この本の中で、とても好きな詩が紹介されてましたので、ここに引用します。

  ◆この「米」を「豆」に変えて読みたいですね。
   米を食べ 女たちに信頼を
   今 しらないことは
   これから学べる
   今一人ぼっちでも
   もうじきみんなと一緒になれる
   今 弱くても
   強くなることができる
   ゆっくりと ゆっくりと
   学んだことは誰かに教える
   誰かが先に学んだら
   きっと 必ず
   私に教えに来てくれる
   ゆっくりと始めよう
   持ち去られたものを取り返すこと
   自分で自分のからだを決める権利を
   闘い うち建てる知恵を
   滋養になる食物を癒す医術を
   米を食べ 女たちに信頼を
   今 知らないことは
   これから学べる
                    Fran Winant
  “Eat Rice Have Faith in Women”

ドキュメンタリー映画(10/21) こんにちは、お久しぶりです。北原まどかです。
 10月8日〜13日と、故郷山形に帰り〈山形国際ドキュメンタリー映画祭〉に参加してきました。映画漬けの5日間で、観た映画は実に16本!おそらく、豆料理クラブの皆さんの関心も高いと思われる作品群です。単独での上映会は各地で開かれています。10月〜11月を中心に東京や阪神地方で上映会が行われるものもあります。
 「老いた猫のお引っ越し」(スウェーデン)〜福祉の充実がうたわれる国での、老人の「個の孤独・不安」を描いて いる。「アフリカ・ユナイテッド」(アイスランド)〜サッカーを題材に、アイスランドに暮らす移民を映し出す。「水没の前に」(中国・三峡ダム)〜大賞を受賞。三峡ダムの水没住民を描いた。「日本国憲法」(このMLでも話題になっていますね)〜日本在住のアメリカ人監督による、世界の知識人へのインタビュー。「ファイナル・ソリューション」(インド)〜ヒンドゥーとムスリムの抗争に解決策はあるのか。「イノセント」(シンガポール)〜シンガポール社会の、「個性」への闇を描く。「ガーデン」(イスラエル)〜テルアビブのストリートチルドレンの日常。「Music Cubana」(キューバ)〜日本初公開、ピオ・レイバと若きアーティストのコラボが素晴らしい!「消えゆく思い出」(シンガポール)〜やはり、シンガポールの政策へのゆるやかな疑問の視点。「パレルモの聖女」(イタリア)〜聖女信仰の強い街での、伝統儀式や人々の信仰心を描いた。「ダーウィンの悪夢」(フランス・タンザニア)ビクトリア湖に一大産業をもたらした白身魚をめぐる、南北格差とその 裏に隠された・・・「Little Bird」(日本)〜本当のイラクが映し出されている。ジャーナリズムへの批判も。「Tibet Tibet」(日本)〜在日韓国人青年が自分のルーツを巡って旅したチベットでみたも の・・・「昨日、今日、そして明日へ」(日本・タイ)〜日本人監督による、タイのHIV患者の記録「壷」(シリア)〜若き女性監督によるショートフィルム。シリアにおける女性の生き方 とは。「Identity」(日本)〜アダルトビデオの中で「在日」を描いた異色作。
 ほとんどの上映に監督がいらして観客の質疑に応えたり、夜は近くの蔵にて交流パーティーが行われたりと、これほどまでも監督と観客が近い映画祭はないのではないかと感じられます。実際、わたしもほとんどの監督と実際に言葉を交わしたり、質疑応答の時間に参加することが出来、映画についての見解や実情について話を聞けたのがものすごい収穫でした。
 皆さんにこの興奮をお伝えしようと思ってあっという間に時間が過ぎ去ってしまいました。また、MLを読むのが追いついていかない! (刺激的な話に触発されてばかりです)
 宮島百合さんの質問にお答えしようと思い、自分の興奮が先立ち長くなってしまいました。
 映画「日本国憲法」 ジャン・ユンカーマン監督。憲法とは誰のものか、平和憲法の意義とは?「チョムスキー9.11」のジャン・ユンカーマン監督による世界の知識人たちへのインタビュー集。出演者はジョン・ダワー、日高六郎、ベアテ・シロタ・ゴードン、ノーム・チョムスキー、チャルマーズ・ジョンソン、ハン・ホングほか。
 質疑応答の時間で、ユンカーマン監督が語っていたことが印象的でした。「この映画を撮らなければならないような状況」これが、今の日本だということ。映画の中で、憲法9条がどのようにとらえることができるのか、私にとっては新しい見解が多く、今後考える時の指標になりました。
 憲法9条とは・アジアへの謝罪ともいえる〜ドイツのような謝罪の仕方ではないが、9条の存在によってアジア諸国への痛烈な反省・謝罪ととらえることができる・アジアの平和を守る先鞭〜9条を守り続けることによって、日本のみならずアジアに新しい平和の価値観、社会をつくりだすことができると、「アジア」を見た場合にとらえ方が変わるということです。
 また、現状が今の9条と矛盾しているということがありありと感じられたのです(自衛隊、米軍基地問題・・・)。「アメリカ」を意識した時の9条と、「アジア」を見据えた時の9条は、まったく別の展開の仕方ができるということなのです。
 また、9条ができるいきさつとして、アメリカの押しつけ憲法ではなく民衆の草案では「永久に戦争を放棄する」という理念がきちんと存在していたという事実も明らかになりました。(実際、国がつくった草案はそれとはまったく違うものでしたが)
 小泉総理の靖国参拝により、アジアとの関係についてますます真剣に考えざるを得ない今。もう一度、9条の意味を反芻しているところです。
 制作・配給はシグロという会社で、全国での上映会情報がホームページで調べられます。http://www.cine.co.jp/
 そのほかにも、個別に感想をお伝えしたい映画が山ほどありますがそれはまたおいおい。MLの話題に合致した時に、抽斗をあけていこうと思います。

〈豆つかみゲーム〉その1(10/23) 皆様おはようございます。伊那の中村美紀です。(前略)今日は名古屋や東京でたのしそうなイベントがあるそうで、こういうときは都心が羨ましく思ってしまいます。
 本日、伊那のお隣の駒ヶ根市というところでイベントがあります。(中沢農村交流広場)「おいなんしょフェスタ」駒ヶ根のお母ちゃんたちが始めて3回目。ショップあり、ワークショップありで毎年とても楽しいのです。今年は、アフリカンダンス、フラダンスなどもあります。毎年、出店させていただいているのですが、今年は特に「地域からフェアトレード」というテーマを自分の中で持っていたいと思います。もちろん楽天堂さんの豆キットも販売させていただきます。たみさんの竹布も!特に今年は主催者側の意向として「おしゃべりマーケット」と題して「モノとお金の交換だけでなく、対面・対話ということを重視したい。なので何か。なんでもいいのです。ゲームとか何かお客様とやりとりが出来ることをしてください」ということで、うちは、「生きてるお豆さんをつかんじゃおう。豆つかみ!」をすることにしました。
 現チャンピオンを決めるため、うちでやってみたんです。(大豆さんです)当然チャンピオンは私。1分間に40個でした。5歳のはつきが(箸持つのあんまり上手じゃないんだけど)22個と割とつかめるんです。以来、彼女は豆つかみにはまっています。あぁ、小学校時代、運動会のかけっこはもちろん、腕相撲、相撲大会、縄跳び大会、体力や運動神経を競うものばかりでしたが、「豆つかみ大会」なんてあったら、、、、なんて思います。
 なんだか晴れてきそう。東京も名古屋もイベント日和でよかったですね。準備、準備!
〈豆つかみゲーム〉その2(10/29)
 豆つかみゲームについて再三聞いてくださりありがとうございます。中村美紀です。
 「 1分間に44個の記録は破られたでしょうか。 こちらも小学校でやる予定なので、何かアドバイスがあったら、ぜひ教えて下さ い。」
 40個です。破られました。41個の方がいらっしゃいました!盛り上がりました。並んで挑戦してくれました。お名前(ニックネームでも)と年齢、個数を紙に書いて貼っていきました。貼り出す、まではどうだろう、と思ったのですが、それを見て思い通りの結果が出なかったと感じていた人(大人)が何度も挑戦されて、結果満足げに帰られて行きました。箸は、3種類用意して選べるようにしました。主人の持っていた時計に入っているストップウォッチ機能を使ったのですが、男の子はすぐに使い方を覚えてしまい、いつの間にか、その子(杉山4兄弟)(会場で初めて出会った子)が、時間を計り、豆を数える、呼び込みをする・・・と大活躍をしてくれました。30秒で報告。残り10秒でカウント(これは焦る)。カウントで焦ってしまうので、5.4.3.2.1.1.1.1.1.・・・と1を長くして最後の一つつまめるまで、というサービス(?)付。参加賞(小学校には必要ないですね)として、お店(うちは酒屋です)で残ってしまったいろいろな景品をカゴに盛って、どれか好きなものを選んでもらいました。選んで、と言われても困るようなものばかり・・・で申し訳ないと思ったのですが、その景品を狙ってくださって、何度もトライした方がいてうれしかった(?)です。
 キャンディー型に、大豆を3粒包んだものを参加賞に用意していましたがそれはどなたも選びませんでしたね。春に蒔けば沢山大豆になるよ、って言ったんだけど。
 参考になるかは解りませんが・・・豆つかみ報告は以上です。大人も子どもも白熱するゲームであることは間違いなし!です。(後略)

[レシピ]

〈ラタトゥーユ〉(10/17)千晶です。
 忘れないうちに書いておきます。伊那に行ったとき、倉田せつこさんからラタトゥユの作り方を教えてもらいました。にんにくのみじん切りをオリーブ油でいため、玉ねぎを炒め、なす、ズッキーニ、ピーマンなど他の野菜を炒め、白ワインとトマトを入れ、ローリエも入れて、煮込む。ポイントは、なすを生でかじってみて、甘みがある季節には塩胡椒で味つけし、甘みが少ない季節には、粗製糖も少し入れるということ。あと、火から下ろしたところから味がしみていくので、時間が経った方がおいしいことを計算して作ること。
 今夜つくってみました。せつこさんの程はおいしくできなかったけれど、最後のズッキーニをおいしく食べられて、とても嬉しかった。カボチャでやってもおいしいので、なすのあるうちはまだ楽しめますね。

豆ランチパーティーの開き方メモ(10/24) こんばんは、千晶です。(前略)
 話はすっかり変わりますが、このところ、料理するたびに新鮮な喜びがあります。もらった野菜、届いた果物、冷蔵庫の中にあるもので、その日にぴったりのおいしい料理ができる。料理が上手な人にとっては当たり前の事なんだと思うのですが、わたしにはとても不思議。北海道に行って生産者の秋場さん、伊藤さんにお会いした事が大きかったのかなあ。なんとか食材をムダにするまいと、無い知恵が働くようになったのか。続いてくれるといいのですが。
 山田さんのにんじんの間引き菜が出始めました。下の料理を思いついて作ったら、おいしかった。家族に喜ばれました。

[厚揚げとにんじん葉のマリネ](4人分)
【材料】 厚揚げ2丁(油抜きして半分に切る)、しょうゆ4分の1カップ、みりん4分の1カップ、酢2分の1カップ、水2分の1カップ、赤唐辛子1本(種を取る)、にんにく薄切り(1片分)、にんじん中1本(太めの千切り)、玉ねぎ1個(薄切り)、にんじん葉(食べやすい大きさに切る)
【作り方】しょうゆからにんにくまでを鍋に入れて火にかけ、一煮立ちさせ、油抜きした厚揚げを入れる。しばらくして、にんじん、玉ねぎを入れ、ややしんなりしたら、にんじん葉を入れ、一煮立ちさせて出来上がり。
(後略)

村田さんより[高野豆腐の逸品](10/29) 伊那での豆料理パーティーに参加してくださった、村田さんが、〈高野豆腐の逸品料理〉の作り方を届けてくださいました。
 @高野豆腐は水に浸し戻す。一口大に切る。
 Aしぼって水気を取って、片栗粉をまぶし、油で少しきつね色になるくらいまで揚げる。
 B別の鍋に同量のしょうゆ、砂糖とはちみつを少し加えたものを煮立たせておきAをからませる。
 C胡麻をまぶす。
(後略)

[HOME] [100年計画・INDEX]