豆料理クラブ便り 

2003年 12月



Re>この1ヶ月
rainbowgatheringです。(11/5)

 千晶さんお元気ですか。 雨が降って今晩は少し寒いですね。 10月はひよこ豆でマリネを作ってみたら毎日食べても飽きないくらいおいしかったです!11月は名前を聞いただけでときめいてしまうジプシースープなど今から楽しみです。

11月分について
楽天堂 千晶です。(11/8)

 昨日お送りしました11月の豆料理セットについてですが、中に入っているオレンジジュースは4ページのハモスを作るためのものです。みかんがあればそのしぼり汁をつかって下さればいいのですが、みかんが手元にないときに便利かと思い、オレンジジュースを入れました。念のために書き添えました。
 我が家も今朝ハモスをつくっています。昨日おいしいパンを買ったので、ハモスが欲しくなりました。本当においしいのです。皆さまもどうぞおためし下さい。

訂正とつけたし
たびたびすみません、千晶です。(11/8)

 ハモスを作っていて気がついたのですが、ひよこ豆の量がゆでて3カップだと味が濃すぎるように思いました。わたしは4カップ入れてちょうど良かったです。訂正します。3カップで作られるなら、塩、しょうゆ、酢を減らし加減にされてください。それから、豆の煮汁はぜひ捨てないでジプシースープ等に使われてくださいね。とてもいい出汁になります。

ありがたや。
みえ@川崎です。(11/8)

 きょう、11月分が届いて、新たな価格表を見ると、新豆値下げ!の表示が。わたしが今回オプションで頼んでいたおおふく豆も金時豆も、安くなっていたとは・・・ありがたいやら、申し訳ないやら。楽天堂さんと、実りの秋に感謝・・・ではまた〜。

季節に応じて
みえ@川崎です。(11/8)

 〈豆料理クラブテーマソング〉で、ムング豆のところ、「3日(みっか)も育てりゃ豆もやし」あの歌詞が出来た10月当時はそれでよかったですが、涼しくなったら、5〜6日かかるようになって・・・季節に応じて適当に変える必要がありますね!作者からの自己レスでした。

〈木胡椒の唐辛子〉
こんにちは、井上裕子です。(11/9)

 唐辛子の種類についてのご質問が阿倍野のIさんからありましたので、ちょっと…。「木胡椒」=「葉唐辛子」です。
 この辺で売られているのは、伏見唐辛子と鷹峯(たかがみね)唐辛子の葉のようです。確かに、万願寺はちょっと甘めですよね。でも、万願寺は京都市でなく舞鶴市のものなので(今はどこでも栽培しているようですが)、あまり手に入りません。
 鷹の爪やししとうの葉でもできるのでしょうが、大きさの点ですっごーーく面倒だったり、ぴりぴりしすぎたり…。やはり、ほどほどがよいようです。子どもも食べますしね。
 うちは、お出汁の味を結構きかせますが(2日ほどで食べきります)、長持ちさせるためには、甘辛にして、更に鷹の爪をいれたりもします。ではでは…


種のこと
みえです、何度もごめんください。(11/9)

 ひろさんが、種のことを書いてらしたので。わたしの今の住まいでは、庭や充分な土がないので、今もっている、カボチャの種を、もし欲しい方がいらしたら、お譲りします。
 クリカボチャ系のが、カップ1杯分くらい、それと、昔からの品種?皮が赤くて、ペチャッとした果肉のものが、カップ半分くらい。どちらも、無農薬のものから採りました。
 いずれ、炒って食べてみようと思って、取っているのですが、もし、土に蒔いてくださる方がいらしたら、よろこんでお分けします。おしらせくださったら、郵便で送ります。ではまた〜。

「木胡椒」=「葉唐辛子」
阿倍野のIです(11/9)

 井上裕子さんのメールで疑問が解けました。田舎で義母が毎年、甘長唐辛子とピーマンを作っています。残念ながら今年のシーズンは終わってしまいましたが、来年は教えてもらったように、葉っぱも炊いてみたいと思います。

ダライ・ラマ、それからひよこ豆の煮汁
楽天堂 千晶です。(11/10)

 先月末から日本に滞在されている〈ダライ・ラマ〉は明日で日本を離れられるようです。6日には京都へ来られたようなのですが、お目にかかれなくて残念でした。ボランティアスタッフの佐藤浩子とはじめて出会ったのは、3年前の東京講演の会場でです。(彼女は今回も講演を聞きに行ったそうです。)
 わたしが豆料理の普及を自分の仕事に選んだのは、いろんな人からの恩恵を受けてのことですが、〈ダライ・ラマ〉からの影響は中でも大きいものと思います。ダライ・ラマが小さいときに鶏をトラック一台分買い占めて逃がしてやった話をされたとき、インタビュアーは子供じみた行動として笑ったにもかかわらず、ダライ・ラマご自身は、大人になった今はもうそのような行動をしないですませることに対してむしろ悲しみを感じてられているようであることが印象的でした。若いときの自分の青臭い行動を恥じるのでなく、むしろ敬意を感じてられる。
 豆料理の仕事を思いついたとき、ダライ・ラマのことを思いました。世界に飢えで苦しんでいる人がたくさんいることに対して、私は何かしたかった。肉食が今以上に普及すれば、穀物は家畜のえさとなり、ますます貧しい人の手に入らなくなる。豆料理の楽しさを広めれば、肉より豆を選ぶ人が増え、穀物は不足しなくなる。やがては国際的な経済格差が縮まることにつながるのではないか。こんな発想は、ダライ・ラマが鶏を逃がしたのと同じくらい青臭い考えかもしれない。でも、そうせずにはいられない心情は笑い飛ばせるものではない。わたしは自分の青臭い考えを大事にして、できるところからやっていこうと思いました。
 ダライ・ラマはお会いすると、遠くからでもほんとうに人を幸せにするような力強い暖かさを持っておられました。遠くからお話をうかがっていても椅子の上で思わず正座してしまうような、何かがありました。また、お目にかかりたいなあとあこがれます。

 さてさて、ひよこ豆の煮汁を使ったおいしい料理を今日はじめてつくったので、お知らせしたかったのですが、長くなったので明日ホームページに載せますね。豆々日記をご覧下さい。じゃがいもとねぎのシンプルなグラタンです。これは、もうひとりのボランティアスタッフゆらが今朝ファクスで教えてくれました。

お知らせ
楽天堂・高島無々々です(11/11)

 遅ればせながら「クラブ便り」11月号で話題になっている料理をホームページの豆々日記にアップしました。ぜひご覧下さい。
10/24 [金] 大福豆と手羽元・根菜の煮もの
10/26 [日] 第1回 豆料理パーティー
11/01 [土] にんじん葉と大豆のかきあげ
11/10 [月] じゃがいもとねぎのグラタン(レシピ付き)
こちらからどうぞ。
http://www.rakutendo.com/m-diary/zdry.cgi

さすが新もの!
みえ@川崎です。(11/11)

 いつもと同じ加減で、新着のおおふく豆を煮たところ、思いがけず煮え過ぎて、いくつも真ん中から割れたりしてました。
 浸水7〜9時間、火にかけて沸騰後、弱火で5分、その後、保温調理器で1時間、が私のパターンなのですが、これなら2〜3分煮たのち保温でもよさそう。
 乾物とはいえ、豆も、生きもの。収穫後間もない新モノの、みずみずしさを感じることができて、うれしいなあ。ではまた〜

わたしも煮てみなくては!
楽天堂 千晶です。(11/13)

 みえさん、ありがとうございます。そうなんですよね。新ものはびっくりするくらい早煮え。一晩水につけておけば、30分で煮すぎの時さえあります。でも、私はまだ今年、新ものを煮ていませんでした。豆屋がこんなことではいけません。ついつい去年のものを使い切ることに気がいって、ためしそびれていました。だから、みえさんの報告がありがたかった。私も今日、おいしく煮えるか試してみます。
 新ものが続々入荷します。今週は小豆、虎豆。12月セットには新ものの虎豆、金時豆が入ります。どうぞ、お楽しみに。
 昨日は新会員のかたがお友だちとお店に来てくださり、大いに盛り上がりました。フェアートレードの洋服を手に取ってみられると喜んで下さいました。そして山田さんの野菜の話でもりあがっていたところに、山田さんが配達にいらして、さらに楽しいひとときになりました。
 また、夏前に入会してくださった方からハモスが美味しかったとのお電話もあり。嬉しいです。今週末、豆料理クラブハウスに泊まりに来て下さるので、それも楽しみ!
 それから、思った以上に、2年目の継続をして下さる方が多く、驚いています。ありがとうございます。本当に励まされます。何か特典をとのリクエストがあったので、急いで考えます。会費を毎月100円引きにするのがいいか、継続を決めて下さった時点でオリーブ油小瓶(880円)を差し上げるのがいいか、そんなところを考えております。まったくぼんやりしていて気が利かないので、おきづきの点があれば、いつでもご遠慮なく連絡下さいね。スパイス、ご不要の方、ご連絡下さい。

スパイスの件
千晶店長、こんにちは〜。山口の方も寒くなってきましたよ〜。なので、こたつを出そうかどうか思案中なさりぃです^^。(11/14)

 扇風機もまだ片付けていないのに・・・。いえ、これは単に無精なだけですけどね。
 さて、私もスパイスは入れられなくて良いです。レシピ通りに消化していかないので、余るものは余る。なくなるものは違う月のでも使ってしまうといった具合なのですよ。
 そして、レシピが変わらないのであれば、レシピも入れられなくて構いません。変更分や新作レシピがHPに掲載されているとそれで充分であります。大した紙&手間節約にならないかもしれませんが・・・。
 そうそう、来月は虎豆!!。すっごい楽しみにしています〜。なーのーにー、今、宇部井筒屋に北海道展が催されていて、たまらず新物の虎豆を買ってしまったっ。来月は「なら、要らないかしら〜」と思われずに、送ってくださいね^^。ではでは〜

おいしい金時豆
ひろです(11/14)

 インドネシアのチキンスープの素を買ってしまい、チキンを入れるところを最小限にして、冬瓜と金時豆を一緒に煮たら、おいしかったです。多分、醤油、生姜、ねぎなどでこの味は作れそう。
 その時、体がふと感じたのですが、金時豆は体にすーっとお腹までしみ込んでくのですが、とり肉は首でつっかかったように、止まってしまうのです。しかも、金時豆はふわっと軽く、とり肉はどすっと重い。 そんなわけで、ついつい豆と冬瓜ばかり食べていることに気付きました。
 私にとって豆の中では大福豆や金時豆は食べやすいのに、皮付きのレンズ豆は少しずつしか入らない。インドにいるとレンズ豆を毎日あきずにたくさん食べてるのに。これは、日本の気候とかとも関係があるのかなーと考えてます。日本で育てられた、おいしいお豆さんと
いつまでもおつきあいできるよう、お百姓さんとつながりができるといいですね。

お便り(転送)
会員の宙さんからのメールをご本人の了承を得て転載します。(楽天堂・高島無々々)(11/14)


-------------------------------

 先日、豆セットが届きました。大好きなひよこ豆、ありがとうございます。豆料理クラブに入ってから、ひよこ豆がすっかり生活に定着しています。いつかのクラブ便りに、栗豆と呼んで和風の煮物にも使うということが書いてあり、なるほどそうか! という思いでした。最近は、お雑煮(東京風のしょうゆ仕立てです)がマイブームなのですが、かならずひよこ豆も入れています。
 2年目も継続させてください、よろしくお願いします。(わたしは結構欲張りな性分のため、継続の得点が何かあるといいのにな〜、なんて少しだけ思ってしまいます。こんなことは、大抵の人なら遠まわしに伝えるであろうと思いますが、何でも正直にそのまま話してしまう性分も、困りものなのかも。。レシピがパワーアップされるそうですし、特別何かがなくても十分です。あまり気になさらないでください。)
 化学物質過敏症の方のコラムを楽しみにしていたのですが、今月はお休みなのでしょうか? 
 このごろは、すっかり筆不精になってしまい、大変失礼をいたしており、申し訳ありません。お伝えしたいこともあるのですが、まだ師走でもないのに、なんだか慌しく日々が過ぎてしまいます。
 ところで。トマトソース仕立てのパスタをよく作るのですが、チリパウダーを少々入れると美味しくなりますよ〜。以前は、野菜だけだと何かが足りないような味だったのですが、チリパウダーを入れると、不思議と美味しい! トマトとチリパウダーって相性がよいみたいです。

スパイス
楽天堂 千晶です。(11/14)
 スパイスについてたくさんの方からメールいただきました。ありがとうございます。本当に参考になります。これから、毎月、次の月に使うスパイスを前もってお知らせしますね。皆さまどうぞご遠慮なく、いらないスパイスご連絡下さい。基本的には値引きで対応していこうと思います。安くなる分、お豆やオリーブオイルを追加注文してくださるのは、大歓迎です。それから、いくつかのスパイスの中で、これは必要、他は不必要、と細かく指定してくださるのも喜んで承ります。スパイス数に応じて値引きいたします。
 あと、スパイスを購入する際、楽天堂をご利用いただけると幸いです。日本スパイス協会は2002年より、スパイスに放射線を当てるようになると、以前、『肉食が地球を滅ぼす』で読んだことがあります。(この件についてはひろのほうが詳しいはずです)食中毒を防ぐ目的なのだそうですが、スパイスで食中毒がおこるなんてことはありえない。放射線の危険のほうがはるかに気になります。楽天堂のスパイスは放射線処理がなされていませんし、有機栽培です。この件はもっと詳しく調べて近いうちに通信物でお知らせしますね。

初挑戦、大成功。
みえ@川崎です。(11/17)

 今日、ひよこ豆を煮たので、やりました、煮汁を使って、ねぎとじゃがいものグラタン。豆々日記のレシピと変えたところは、タイムがないのでバジルで、それと、うちは晩酌が欠かせないので、発泡酒のあてになるように、塩加減を増やし目に、そして、最後にシュレッド・チーズとネギの青いところを刻んでかけて仕上げました。おいしい。おいしいです。今、ジャガイモも白ネギも、おいしい時期なので、グッド・タイミングです。冬のあいだの嬉しい一品ですね。感謝。
 そういえば、9月のセットの小豆で、豆もやしに挑戦してみたのですが、ちょろっと芽が出たっきり、全然もやしらしくならなくって、業を煮やして、ご飯に混ぜて炊いてしまいました。発芽小豆入りごはん。なかなか、オツですよ。火さえ通せば、結構どうにでも出来てしまうのでほんと、豆って便利ですね。ではでは〜。

Re: 初挑戦、大成功。
ひろです(11/18

 うわー、みえさんのアイデイア、おいしそう。今度やってみます。ハモス、おいしいですね!初めて食べたはずなのに、何か体がなつかし〜というような嬉しさで一杯になる不思議な味。おもしろいのは千晶さんの作ったのと、はちはちでいただいたのと、自分のとみんな味が違う。作り手によって微妙に変わるところも楽しくて、私はコリアンダーの葉をたっぷりのせて(中毒です)食べてます。

わたしも新しい豆料理に挑戦。
楽天堂 千晶です(11/19)

 週末、久しぶりに思いっきり体を動かしました。ああ、なんて爽やかなんだろう。岩下徹という舞踏家が即興ダンスのワークショップをひらいていたので出てみたのです。不思議、不思議、からだってふしぎ。このなぞを探求せずして死ぬのはもったいない。残る人生、できるかぎりの機会を見つけて整体の稽古をし、ダンスをしよう。わくわく。
 小さいときから体を動かすのが苦手で、逆上がりもできず、50メートル走は10秒くらいで走り、と体育には何の才能もなく大の苦手だったのですが、35歳くらいからか、体を動かす楽しさに目覚めてきました。料理も同じ。若い時は台所仕事は二の次三の次だった。人生わかりませんね。
 そんなわけで爽やかな気分の昨日、新しい豆料理に挑戦してみました。ひとつは虎豆のカツレツ風、どっちかっていうとコロッケ。身近な材料で簡単にできます。もひとつは、紫玉ねぎとひよこまめのロースト。普通の玉ねぎをつかって作ったが、これはやはり赤い方を使った方が美味しいでしょう。お豆をローストすると、また一味違いますね。シンプルだし、これも、ぜひ皆さまにお伝えせねば。両方とも、近いうちに豆々日記にアップしますね。
 そうそう、週末は豆料理クラブハウスに、お二人、宿泊客もありました。四国の会員がお友だちを連れてきてくださって、お友だちはその場で会員になって下さったのです。残念ながら私はお会いしそびれたのですが、とても嬉しかったです。どうぞよろしくお願いします。
 みえさん、ひろ、書き込みありがとうございます。いつもながら励まされます。メーリングリストでないけれど個人的に感想を書いてきてくださる方も何人かあり、ああ、いろんな台所でおいしいものができているんだなあと、しあわせな気持ちになります。

えび豆、それからオリーブオイル
楽天堂 千晶です。(11/21

 今日、いつものようにご近所の裕子さんと子どもを遊ばせながらおしゃべりをしていたとき、「えび豆はどうなりました?」と聞かれて、思い出しました。ご近所のお客さんから干しえびと大豆を炊いたのを持ってきてもらったのでした。(皆さまにご報告しようと思っていたのに忘れていました。)砂糖の甘みは抑えめで、えびのうま味で上手に煮てられて、感心しました。
 裕子さん曰く、滋賀の方ではえびの皮を手間をかけてむいてからつくるえび豆があるそうで、あれだけはやっかいそうなので手をださんとこう、と思ってられるそう。えっー!どんなのかなあ?えび豆を作られたことのある方ご連絡下さい。
 そういえば、これもお客さんからお聞きしたのですが、金時豆と、きのこあれこれを一緒に炊く方法があるそう。興味津々。食べられたことある方いらっしゃいますか。また続報が入り次第、お知らせします。
 ところで、今週は山中油店でオリーブオイル料理講習会があったので出かけてきました。料理教室の類に出るのははじめてのこと。とても勉強になりました。〈オリーブオイルとお醤油を半々に混ぜたもの〉をお刺身にかけて食べるのも楽しかったし、酢飯にオリーブオイルを混ぜてお寿司を作るのも楽しかった。
 それで今日はいつものようにひよこ豆入りの五目寿司をつくった後、山田さんのかぶの葉をさっとゆでてオリーブオイルとお醤油で和え、それを五目寿司の上に載せて食べました。彩りもきれいだし、いつもとちがった風味だし、好評でした。
 それにしても七種類のオリーブオイルのテイスティングは楽しかったです。一口にオリーブオイルと言っても、まろやかなものから刺激のあるものまで本当に幅広い。
 京都に来られたら、ご近所なのでご一緒に行きましょう。築180年の建物も見応えがあります。とくに月曜日と金曜日の午後は奥座敷も見せてもらえる見学会が行われています。


虎豆入りお焼き
千晶です。(11/22)

 今朝は虎豆のミルク煮でお焼きを作りました。去年の12月に虎豆パンのレシピを載せたら好評だったので、オーブンのない方ともその楽しさを分かち合えないかと思い、フライパンでお焼きを作ってみたのですが、これ、いけます。
 12月号、もうすぐ新もの虎豆入りで届きますから、楽しみにしててくださいね。お焼きのレシピも入れておきます。虎豆、金時豆、おいしい食べ方があったら教えて下さいね。

ご注文締め切り
千晶です。(11/23)

 急に寒くなりました。クリスマスも近づいてきた感じがしますね。フェアートレードのカタログからのご注文は明日の夜がしめきりです。プレゼントに何かと思われているかたがりましたら、オーダーシートお送り下さいね。クリスマスカタログ22ページのツリーキャンドルホルダーは素敵です。お店で三つ売れました。29ページのアルパカクマくんも肌触りがよくてすばらしいなあと思います。娘がほしがっています。

粘土団子
千晶です。(11/25)

 12月号の原稿がほぼそろいました。今月号はらくてん通信と一緒で、充実しています。乞うご期待。豆料理クラブ通信の7ページの佐藤浩子の記事は読まれているでしょうか。11月号に続き、12月号も粘土団子についてです。とても力の入ったいい文章です。
 1秒の間にテニスコート20面分の自然林が消えている計算になると聞いたことがあります。ひろは10年に渡ってインド・ネパールを旅する中で、それを実感しているようです。ついつい忘れがちだけど、我が家でもかぼちゃと柿の種は捨てずに置いています。ねずみにやられないように、冷蔵庫で乾燥させています。
 みなさん、ご注文ありがとうございます。フェアートレードの商品は本日5時でしめきりとさせていただきます。豆や食品は、店にあるものなら、発送直前まで追加注文承れます。

豊中のYさんからのお便り2通&千晶の返信2通をご本人の了承を得て転載します。(11/26)

--------------------------------
 豊中のYです。
 いつもMLを読ませていただき、皆さん本当に博識でピースな方ばかりで、千晶さんを筆頭に尊敬の眼差し(見えないけど(笑))で見ています。別の世界での出来事のようにただ眺めることしかできない私がまた情けないんですが。でも参考にさせていただいて、こんな私でも少しずつ豆知識が増えてきたことが嬉しいんですよ。あまり思慮深い方ではないので、薄っぺらいですけど(^^;
 11月のお豆では、ハモスを作りました。美味しいですね〜♪毎朝食べて、隙を見て(何の?)昼でも夜でもおかまいなしにつまみ食いしてます。先日、近所のスーパーでどこやらの物産展があり、紫花豆を見つけて大喜びで即買いして普通にたいた(大量)のもあるので、毎日豆三昧の食卓です。入会して結構たつのに、まだ千晶さん達のようにいろいろに使いこなせない私ですが、豆好き度は着実に上昇しています。あと、スパイス使いが難しいですね。もっといろいろ挑戦してみればいいのに、苦手意識が先にたって。これまた使いこなせずにいます。
 でもでも!先日ようやく好みのスパイスケース(?)を購入したんです。色とりどりのスパイスが目にも楽しくて☆使い勝手もよくなったので、きっと活躍させてみせます!ということで喜びの勢いで写真つけました。全部重ねてあるので、実はかなり高さがあるんですけど。
-------------------------------------
スパイスケースの写真!
Yさま
 この1ヶ月のメールを見直していて、あっ!うっかり見落としていた!とおおあわてで写真を開いたら、このスパイスケースは素敵ですね。クラブ便りで紹介させてください。
 それから、Yさんって写真も上手ですよね。いつもすごくおしゃれに撮ってられる。お仕事なのでしょうか。ともかく、この写真のあったメールの一部をメーリングリストに転載させてもらった上で、クラブ便りにも使わせてくださいね。たぶん、こんなのを探してられる方が多いのでは。その後の使い勝手など、続報お待ちしています。
 私もこんなのが欲しいな。いくらくらいするのですか。

---------------------------
千晶様
 メールありがとうございます。〈スパイスケース〉は、本当長らく探してやっと見つけたものなんですが、実はキッチン用品じゃないんです。私は東急ハンズで購入しましたが、多分釣り用品が置いてあるとこだったりにもあるんじゃないかな、と思ってます。
 本当は、本場の方が使っているような、底が浅くて丸いステンレス容器の中に、蓋が透明な小さな丸いステンレス容器がたくさん入っているようなものを探していたんですが、実際手にとってみると収納面で「・・・?」というところがあって。積み重ねられるものなら、うちの狭い台所でも邪魔にならないかも、てことで今のに落ち着きました。
 使い勝手もなかなかいいですよー見た目もカラフルでかわいいし。調理台に置いてててもスリムなので片手ですいっと移動できるし。お値段もリーズナブルだと思います。五段で350円くらいやったかな。私は今九段重ねにしてますけど。


スパイスケース

 千晶さんに誉めていただくと、心底嬉しい気分になるんです。今も舞い上がって饒舌になっています。(笑)クラブ便りでもなんでも使ってやってください。でも「こんなんで本当にえんかな」といつも思うんですが。
> それから、Yさんって写真も上手ですよね。
> いつもすごくおしゃれに撮ってられる。
> お仕事なのでしょうか。

 またまた、ありがとうございます!写真を撮るのが好きで、かなり自分流ですけどなんでも撮ってます。現像したりPC上で見るたびに、写真は本当センスがものをいうなぁと感じます。我ながら、センスないのを痛感する日々です。そんな中での千晶さんのお言葉、とてもとても励みになりました。たかが趣味、されど趣味ですね〜
 今回は、9月のレシピに載っていたおはぎを作った時(9月)の写真を添付してみました。小豆、すーーーごく美味しかったです。レシピに載っている写真があまりに美味しそうでいてもたってもいられないところに、主人からも催促をされ、初おはぎにトライしたんですけど、もち米をつぶさずに作ったらちょっとおにぎりとあんこみたいになっちゃいました(笑)それでも美味しかったから、まさに小豆の力ですね!
 今日はこれから栗の甘露煮を作ります。この週末に箕面に紅葉狩りに行ったら、まだ栗が売られていて、無類の栗好きであるこの私が買わないわけにはいかず。たくさん買ったので、少し残しておいたものを初甘露煮にしようかと。栗と豆って食感や味に似通ったところないですか?芋もそうだけど。私の豆好きは、栗が好きなところからも仕方のないことなのかもしれないと思ったり。お腹にガスがたまるものばかり好きって、こりゃレディ(!)として困ったことですね(笑)
-------------------------------
おはぎの写真、感激です。


三色おはぎ

Yさま
 すごい、感激です。この写真、来年の9月号に使わせてください。もしや他にも撮りためられた写真があるのでは。Yさん撮影と必ず、クレジットを入れますので、(他の名前の方がいいでしょうか?)ぜひぜひ、どんどん送って下さい。
 今度のメールも、ケースのとこ、おはぎのとこと、栗のとこ、みなさんに紹介させて下さいね。Yさんの食べること、つくることへの喜びに満ちたメール、すばらしいです。
 先日、人気のベジタリアンレストランに行ってみたのですが、忙しくされているせいか、グルテンに味つけされた市販のものを揚げて唐揚げとしてだしてられて、そうか、ベジタリアン業界もファーストフード化していくのか、となんだか寂しい気持ちになりました。素材からつくる家庭料理はやっぱりいいなあと思います。Yさんの旦那さんは、ほんとしあわせもの。

〈虎豆のカツレツ風〉

虎豆のカツレツ風

【材料】
虎豆(乾燥)・・1カップ 
玉ねぎ(みじん切り)・・1/2個 
セロリ(みじん切り)・・1/3本 
生しいたけ(みじん切り)・・3個 
小麦粉・溶き卵・パン粉・・適量 
塩・・小さじ1/3強
こしょう・ナツメグ・・各少々 
トマトソース
  トマトor水煮缶・・200g
  玉ねぎ(小)・・1/2
  植物油・・大さじ1
  塩・こしょう・バジル・・各少々
植物油・・小さじ2

【作り方】
@虎豆は3倍の水に一晩つけ、漬け汁ごとやわらかく煮る。
Aトマトソースをつくる。玉ねぎをみじん切りにし、フライパンできつね色になるまで炒め、トマトを加えて煮つめる。塩、こしょう、バジルで味を整える。
Bゆでた虎豆の水気を切ってから炒りし、しゃもじでつぶして塩小さじ1/3とこしょうで味つけする。
C具をつくる。鍋に植物油を熱し、玉ねぎをきつね色になるまで炒め、セロリと生しいたけを加えて塩、こしょうで味を整える。
DBとCを混ぜ合わせ、ナツメグで香りをつける。小判形にまとめ、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて170℃の植物油でからりと揚げる。


〈豆入り大根葉みそ〉

豆入り大根葉みそ

【材料】
大根葉、ごま油、みそ、みりん、金時豆またはうずら豆・・全て適量

【作り方】
@大根葉をさっとゆがいて細かく切り、鍋でからいりする。
A水気がとんだところでごま油を入れ全体になじませる。
B大根葉と同量くらいのみそを入れて炒め、香ばしくなってきたらみりんを入れる。
Cゆでた金時豆またはうずら豆をBに好きなだけ加え、つぶしながら炒める。

D最後にかつお節を混ぜ入れる(かつお節はからいりしておくとなおおいしい)。

[HOME] [100年計画・INDEX]